黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

ロハス

2014/11/20 17:15

LOHAS

LOHAS(ロハス、ローハス)とは英語の「lifestyles of health and sustainability」(健康と持続可能性の、またこれを重視する生活様式)の略。健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルを営利活動に結びつけるために生み出されたマーケティング用語である。

1998年にアメリカ合衆国で造語され、日本では2004年頃からライフスタイルを表現する言葉として注目されたが、現在は定義が曖昧なバズワードの一つとして扱われている。定義の曖昧さを逆手に取りエコロジカルなイメージを商品やビジネスに関連付けるために用いられることも少なくない。

発祥

1998年、アメリカ合衆国の社会学者ポール・レイと心理学者のシェリー・アンダーソンが、15年にもわたる調査により、カルチュアル・クリエイティブズ(英語版)と呼ばれる環境や健康への意識が高い人々の存在を確認したことを元に、レイと起業家のジルカ・リサビ(後にGAIAMを創立。GAIAMとは「ガイア」と「アイ・アム」の合成造語との事)が協力して開発したマーケティングコンセプトが“LOHAS”である。アメリカでは毎年LOHAS市場を拡大するためのLOHAS会議が開催されている。2002年、日本経済新聞がLOHASを紹介する記事を掲載した。
世界展開
アメリカにおける LOHAS

アメリカの調査機関NMIが、LOHAS層を「環境と健康に関心、社会に対する問題意識、自己啓発・精神性の向上に関心が高く、実際の行動に移す人々」と定義し、2002年よりその割合を調査している。この調査にはカルチュアル・クリエイティブズを提唱したレイもアドバイザーとして協力している。2005年の調査によるとアメリカの成人人口の23%がLOHAS層だという(他、LOHAS層に近いが行動に至らない NOMADICS:39%、価値観を特に持たないCENTRISTS:27%、日々の生活に追われる INDIFFERENTS:12%)。

アメリカでは「LOHAS」という言葉はビジネス用語として普及しており、一般消費者にはほとんど知られていない。一般消費者向けの「LOHAS」という言葉は、日本で最も普及しており、次いでアジア各国(韓国、台湾など)から発信されていると言える。

日本におけるロハス

日本経済新聞が2002年9月、大和田順子によるLOHASを紹介する記事を掲載。その後、月刊誌『ソトコト』が2004年4月号でロハス特集を組むなど、マスメディアが注目したことでロハスが広まっていった。 2005年より、イースクエアがNMIと同様の調査を日本でも行っている。2005年の調査によると、日本の成人の29%がLOHAS層だという(他、NOMADICS:27%、CENTRISTS:28%、INDIFFERENTS:16%)。

日本では、「健康と環境を志向するライフスタイル」と意訳され、スローライフやエコに続いて広まった。一般的には、健康や癒し・環境やエコに関連した商品やサービスを総称してロハスと呼び、ロハス的な事・物に興味を持つ人をロハスピープルと呼ぶ。2011年からは太陽光発電分野においてロハスグループが注目され、さらにLOHAS層が増加した。
他人に対し、同じライフスタイルを無理に啓蒙しようとしたり、或いは無理をしてまで自己のライフスタイルとして教条的に貫徹させようとしている人に対し、批判的立場から皮肉を込めて「ほっこりすと」という蔑称も造語され、浸透しつつある。

ビジネスとしてのロハス

2005年における米LOHASマーケット規模は2兆円、5年以内には20兆円とも言われている[要出典]。
LOHASの5大マーケット

頭文字をとってSHAPEと呼ばれている

Sustainable Economy(持続可能な経済)
グリーン都市計画、SRI、省エネルギー商品、代替エネルギー、フェアトレード等。
Healthy Lifestyle(健康的なライフスタイル)
自然食品、サプリメント、オーガニック、マクロビオティック等。
Alternative Healthcare(代替医療)
ホメオパシー、アーユルヴェーダ、自然治療、東洋医学、鍼治療、レイキ等。
Personal Development(自己開発)
メンタルトレーニング、スピリチュアル、ヨガ、ピラティス、瞑想法、自己啓発、アート、能力開発等。
Ecological Lifestyle(エコなライフスタイル)
リフォーム、環境配慮住宅、家庭用品、エコツーリズム等。

消費者としてのロハス

ロハスピープルとも言われ、エコや健康、自己開発や社会的責任をもって意識的な消費を心がける。 ロハスピープルの情報源は、マスコミよりも専門家の意見やクチコミを重視する傾向にある。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事
 ・DASH村
 ・ロハス
 ・スローシティ

スローシティ

2014/11/19 17:14

スローシティ

スローシティ(伊: Città Slow)はイタリアで起こったスローフード・スローライフ運動から発展した地域文化顕彰活動。シンボルマークはカタツムリ。日本では気仙沼市が唯一加盟している。

加盟条件

人口が5万人未満で有機農業や食育を実践しているなど、加盟審査には55の指標を設けている[1]。

世界で最も美しい村

世界で最も美しい村(せかいでもっともうつくしいむら、仏: Les Plus Beaux Villages de la Terre、英: The Most Beautiful Villages of the World)は、フランスの最も美しい村協会を中心に、ベルギー(ワロン地域)・イタリア・日本・カナダ(ケベック州)における同様の運動が連携し結成された任意団体世界で最も美しい村連合が推進・認定する顕彰事業である。

エコツーリズム(英: Ecotourism)とは、 自然環境の他、文化・歴史等を観光の対象としながら、その持続可能性を考慮するツーリズム(旅行、リクリエーションのあり方)のことである。

エコツーリズムの定義

エコツーリズムの定義は、立場、国によって、大きく異なっている点に注意を払う必要がある。

日本の環境省による定義
日本エコツーリズム協会による定義
日本自然保護協会による定義
日本エコツーリズムセンターによる定義
英語版wikipediaにおける定義

エコツアー

エコツーリズムの考え方に沿った旅行行程、もしくはプログラムのことを、エコツアーという。具体的には、環境学習の要素を持ち自然を探訪するツアー、農山漁村や地域の風土・文化等を訪ねるツアー、少数民族の暮らしや文化・風土などを訪ねるツアー、等があげられる。
インタープリテーション

インタープリテーション(Interpretation)とは、自然と人との「仲介」となって自然解説を行うこと。インタープリテーションを行う者をインタープリター(Interpreter)という。
[編集]

スポンサーサイト

関連記事
 ・ロハス
 ・スローシティ
 ・スローフード

スローフード

2014/11/18 17:13

スローフード(英: slow food)は、1986年にイタリアのカルロ・ペトリーニによって提唱された国際的な社会運動。ファストフードに対して唱えられた考え方で、その土地の伝統的な食文化や食材を見直す運動、または、その食品自体を指す。

より広い概念の「スローライフ運動(英語ではSlow movement)」の一部として提唱された。この活動は現在150カ国以上10万人以上の会員を持つまでに広がっている[1]。持続可能な食文化を見直し、地元の小規模事業を支える等のその目的は、農産物のグローバリズムに反対する政治的な位置づけでとらえられることもあり、さらにスローシティ運動へと発展した。

経緯

1980年代半ば、ローマの名所の1つであるスペイン広場にマクドナルドが開店した。このことが、ファストフードにイタリアの食文化が食いつぶされる、という危機感を生み、「スローフード」運動に繋がったという。

1986年、イタリア北部ピエモンテ州のブラ(Bra)の町で「スローフード」運動が始まった。当時「ゴーラ」という食文化雑誌の編集者だったカルロ・ペトリーニが、イタリア余暇・文化協会(ARCI、アルチ)という団体の一部門として、「アルチ・ゴーラ」という美食の会を作ったのがはじまりである。アルチ自体は、120万人以上の会員を擁する、草の根的なイタリアの文化復興運動組織である。土着の文化、つながりをベースにしており、スローフードの理念と密接なかかわりをもつ。
理念

スローフードの理念はジャン・アンテルム・ブリア=サヴァランの著書が大きく影響した。1989年のマニフェストに「人は喜ぶことには権利を持っている」というコンセプトを発表し、また、同年パリで開かれた国際スローフード協会設立大会でのスローフード宣言を経て、国際運動となった。 その後、美食とは何かという問いかけから、伝統の食事、素朴でしっかりとした食材、有機農業、健康によいものに関心が向かうようになり、一挙に人の注目を惹くようになってきた。その後、世界各地に支部を設立し、共鳴者を集めている。

シンボルマークは、カタツムリである。思慮深い、ゆっくりの意。
[編集]

スポンサーサイト

ライフスタイル

2014/11/17 17:10

生活の仕方。生活様式。
生活の様式・営み方。また、人生観・価値観・習慣などを含めた個人の生き方。

スローライフ(Slow Life)とは、生活様式に関する思想の一つである。ファストフードに対して唱えられたスローフードから派生した考え方で、大量生産・高速型のライフスタイルに対して、ゆっくりした暮らしを提案するもの。Slow livingに相当する和製英語である。

明確な定義はないが、地産地消や歩行型社会を目指す生活様式などを指すことが多い。日本の高度成長期以前の生活はスローライフであったとも言える。

スローフードからスローライフへ

1986年、マクドナルドがイタリアに進出し、ローマのスペイン広場に1号店を開いたが、アメリカ資本のファストフード店に対する反発は大きく、この際に起こった反対運動が、伝統的な食文化を評価する「スローフード」運動に発展した。やがて食文化のみでなく、生活様式全般やまちづくりを見直す動きに広がった。

日本におけるスローライフ

日本で「スローライフ」という言葉が使われるようになったのは2001年頃からである。川島正英(地域活性化研究所)や筑紫哲也(ジャーナリスト)らが「スローライフ」について模索していたところ、川島の話を聞いた掛川市の榛村純一市長が「スローライフシティー」を公約に掲げて再選を果たした(2001年)。2002年11月、掛川市で「スローライフ月間」が開かれ、12月のシンポジウム「スローライフのまち連合を結成しよう」には、掛川市、湖西市、岐阜市、多治見市(岐阜)、安塚町(新潟)、立川町(山形)、柳井市(山口)が参加した。[1] その後、「スローライフ月間」は各地で開催されるようになり、「ゆっくり、ゆったり、心ゆたかに」を掲げるスローライフ・ジャパン(川島正英理事長)が設立された。

環境問題への関心の高さもあって、スローフード、スローライフ、ロハスなどの言葉が広く使われるようになった。
[編集]

スポンサーサイト


リンク

★ひ~ちゃんの小さな宝物

★My Wonderful Photos

★ロハスな食いしん坊日記

★わんこ3兄弟と私のポジティブライフ

★わんこ3兄弟と居酒屋ひまわりの珍道中

★のんびりママの育児

★河内総本家からから亭

★うさの羊毛ハンドメイド

★プンと わんこと ラジコンと

★ジョニーの日記

★情報トリガ ググタヌ

★ググ ポチおもしろダイエットたぬ記

★~憧れの生活まで~my dream life

★Tom's Moderu ラヂコン記

★ちょっと気になる、人生プラス事

★ミュータントメッセージfrom森の診療所

★山猫はバレーと居酒屋が好き

★空飛ぶ さっちーの旅

★ちなっぴぃの雑日記

★ちーちゃんのエンジョイスタイル♪

★シンの前転ゆるラジ人生

★narcissus 水仙

★LOVE&PEACE 明るい毎日

★天然生活

★みどりのカーネーション

★いつも笑顔で

★まなみドリーム

★ちょっとうれしい話

★うらうらシンフォニー

★空海の庭

★dariaおばちゃんの日常

★はちみつ醤油味

★けいマン 湯~遊記

★息抜きはやっぱ趣味でしょ!(* ̄∇ ̄*)

★My tea time

★hareruya♡mamalog

★ステキな人生

★22歳からのHappy Life

★人生水戸黄門***(人生楽ありゃ苦もあるさ)

☆ぶらっとよりみちグルメ旅~☆

★長毛ハムスター『もっちの部屋』

★うりぼ~先生の採食健美☆ ~modernな日々~

★もで~ん(o'∀'o)かぴばらママのよもやま話

★イエロー リーフ

知りたがりや、こんなんありました!

トマトおばちゃんのおいしい野菜

森チャンランド

何気ない一日の香り

娘と大笑いの日々

とびきり peace of mind

シンの趣味ブログ

黒うさと健康とスイーツと

kirakiraビューティーレッスン

開運! 勝手に本紹介

お暇な主婦のオススメ情報

★ジャックと☆リロの記

★奈良うさぎのHappyでHealthyライフ

行きたいところ、食べたいもの

リンク2

カスタムCSS